専門業者での査定

MONEY

比較が大切

事故を起こした車は通常の買取店では査定が低くなります。また、その損傷程度が大きく、走行が不可能や修復が難しい車であれば、買取はしない買取店が多いでしょう。買取りどころか、逆に費用が求められることもあるでしょう。このような場合は、中古車買取店ではなく、廃車を専門とする買取業者に査定の依頼をすることです。まず、通常の中古車の場合、転売を目的に査定が行われますが、事故車の場合は転売が難しいため、査定が低いか価格が付かないということが一般的です。不動の事故車は普通の買取店では取り扱われないことが多いのです。ただし、そのお店で中古車を購入するのであれば10万円程度の査定が付くでしょう。しかし、これは査定額ではなく、販売に大きな利益が含まれているため、査定額をアップしたように思わせる販売店のテクニックです。買取りと購入を切り分けて考えなければいけません。事故損傷があって走行が出来なくとも、価値はあります。例えば、損傷個所以外の場所から取り外せる部品に再生価値があります。とくに新興国市場では自動車の中古部品が非常に貴重で、ほとんどが再生部品です。また、ボディーをはじめとする部位に多くの金属部品が使われており、ほとんどがリサイクル市場に回ります。金属部品は仕分けによりリサイクル業者に売却可能で高い価値としてリターンが見込めます。修復後走行が可能であれば、中古車として新興国市場を中心に流通されることが多いです。いくつかの業者の査定額を比較してもっとも高値を出した業者へ売却しましょう。

人気記事

MONEY

専門業者での査定

事故車の買取は通常の買取業者では査定が低いか、査定そのものが行われないことが多いです。ただ、事故車や廃車専門の買取業者では、転売市場とは異なる市場に回り、高い価値が見出されます。

模型

手間暇や金銭負担が少なく

自動車の廃車手続きには、永久抹消登録や解体依頼など多くの手間がかかります。手数料もかかりますし、レッカー移動が必要となることもあります。しかし買取業者に依頼すれば、手続きを代行してもらえる上、解体やレッカー移動もしてもらえます。費用は買取価格から差し引かれるので、手軽な上に金銭負担も少なくなります。