手間暇や金銭負担が少なく

模型

様々な手配の代行

自動車は、所有しているだけで、重量税などの維持費がかかります。そのため運転する予定がなくなったり、あるいは壊れて運転できなくなったりした自動車を、多くの人が廃車として処分しています。しかし処分には様々な手続きが必要となりますし、金銭的な負担もかかります。まずは廃車にするための永久抹消登録で、これには所有者の印鑑証明書や車検証などを用意して、申請申込書と一緒に運輸支局に提出することが必要となります。既に支払い済みの重量税が還付されることもあり、その場合は還付の手続きもしなければなりません。手続きに必要となるものは、住民票やマイナンバーカード、還付金を受け取る金融機関の口座などです。廃車とした後は解体することになるので、今度はその手続きをすることになります。解体業者のもとに廃車と永久抹消申請書とを持って行き、1〜2万円ほどの手数料を支払って解体してもらうのです。ただし廃車が運転できない状態という場合には、レッカー移動させるための手続きと、2〜3万円の料金の支払いとが別途必要となります。このように廃車手続きには手間暇がかかるのですが、買取業者を利用すれば、これらを大幅に少なくすることができます。永久抹消登録は代行してもらえますし、解体やレッカー移動の手配も任せることができるのです。そしてかかる費用は、買取価格から差し引かれます。これにより金銭負担は軽くなりますし、買取価格が費用を上回っている場合には、当然差額を支払ってもらえるのです。こういったメリットから、多くの人が自動車の処分に買取業者を利用しています。

人気記事

MONEY

専門業者での査定

事故車の買取は通常の買取業者では査定が低いか、査定そのものが行われないことが多いです。ただ、事故車や廃車専門の買取業者では、転売市場とは異なる市場に回り、高い価値が見出されます。

模型

手間暇や金銭負担が少なく

自動車の廃車手続きには、永久抹消登録や解体依頼など多くの手間がかかります。手数料もかかりますし、レッカー移動が必要となることもあります。しかし買取業者に依頼すれば、手続きを代行してもらえる上、解体やレッカー移動もしてもらえます。費用は買取価格から差し引かれるので、手軽な上に金銭負担も少なくなります。